2009年01月28日

台風Faneleがマダガスカルを襲う:商店の復旧作業が始まる

台風Faneleがマダガスカルを襲う:商店の復旧作業が始まる

情報源:United Nations Children's Fund (UNICEF)
2009.1.28

マダガスカルの被害において、UNICEFは速急な対応を行った。去年の台風Ivanからの復旧も、台風Faneleが襲った時は、順調に行われているところだった。
ユニセフは、地元の行政などとともに急速な調査を行い、救急セットやベッドネット、などを被害地域に用意した。ユニセフは、台風の季節の始まりだったため、用意し始めていた物資をすぐに供給できた。ユニセフは、この台風によるさらなる被害を懸念しており、」子どもたちの安心が保証できるように活動を続けていきたいとしている。

推定9,000人の子どもたちが学校に通えなくなっており、およそ158の教室がこの台風でダメージを受けていることが調査でわかった。
この台風での活動としてユニセフが最初に取り組んだとこは、子どもたちがいつも通りの教育を受けることができるようにすることだった。ユニセフは、仮設の教室用にテントを供給し、学校用品やレクリエーション用の用具を用意した。

水問題と衛生問題があり、安全な飲み水へのアクセスが改善されているところである。適切な健康治療も、水からの感染症などを防ぐために行われている。
ユニセフは、水の浄化キットやワクチン、蚊よけのネットなどを提供する予定である。
子どもたちを学校にもどすこと、安全な水を確保し、感染症を防ぐこと、衛生環境を整えることが、今のユニセフが緊急優先として行っていることである。

posted by CODE at 16:29| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

この2日間での死者と行方不明者

この2日間での死者と行方不明者

情報源:Missionary International Service News Agency (MISNA)
2009.1.23

9人が亡くなった。2人のアメリカ人渡航者が行方不明であり、少なくとも2万人がこの台風での被害に苦しんでいる。
一人の死者は、月曜に襲った台風エリックによって亡くなり、他の八人は台風Faneleによって亡くなった。最も被害が大きかったのは、Ihosyであったが、Menabeにも大きな被害を残している。少なくとも18,000人が被害に遭い、Morondavaの町は荒れ果ててしまった。
2人のアメリカ人は、彼らの船が転覆してしまってから行方が分かっておらず、アメリカとフランス、南アフリカの海軍が救助活動を行っている。
posted by CODE at 16:30| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

台風が、2,600人のホームレスを残した

台風が、2,600人のホームレスを残した

情報源:Reuters Foundation
2009.1.22

マダガスカルを通った台風は、2,600人の人々をホームレスにしてしまった。
台風Faneleは、水曜に地滑りを引き起こし、建物に大きな被害を与えるとともに、洪水も発生させた。
Morondavaの町では、80%の民家が屋根を飛ばされた。
2,600人がホームレスとなり、4,000人が被害にあった。地元のメディアでは、一人の方が亡くなったと報じている。
家を失った人たちのために、学校や教会を利用してもらえるようにしている。
posted by CODE at 16:31| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

マダガスカルが2つの台風に襲われた

マダガスカルが2つの台風に襲われた
情報源:Deutsche Presse Agentur (DPA)
2009.1.20

インド洋にあるマダガスカルの島が、火曜日に2つの台風の被害にあった。台風エリックは、月曜に時速100キロにも及ぶ風とともにFenerive-Est地域西部を襲った。
行政施設や学校、店は月曜に閉め、電力も安全のため、台風が過ぎるまでは止めていた。
同時に、西ではもう一つの台風であるFaneleの上陸に身構えていた。Sofia地域では、豪雨によって洪水が起こり、250人が家を失った。
台風は、夏の雨期になるとアフリカの南西部を襲い、2008年では、マダガスカルで100人が亡くなったとともに、いまだに50万人がホームレスとなっている。
posted by CODE at 16:32| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

World Visionがフィリピンを援助

World Visionがフィリピンを援助

2009/1/13
情報源:World Vision

豪雨の影響で、Cagayan de Oro Cityにおいて、またしても洪水が発生し、被害が拡大している。
World Visionの緊急援助におけるディレクターは、‘子どもたちや家族は、食糧の蓄えも衣服も失った。私たちは、かれらのために、速急にUS $42,000の支援をする’と語った。

1週間前、最初の洪水が民家へ到達したため、5000の家族が強制避難させられた。

ここ30年間で最悪の状況であり、今回の洪水は、人々が驚くほどとても強力で速い。都市は停電となり、多くの家が損傷するか破壊されており、いくつかの村では、アクセス不可能となっている。学校などの避難センターは、避難してきた人でいっぱいであり、これらのセンターもまた、浸水している。

World Visionは、救援計画を実行している。このプロジェクトで、先週の洪水の被害に遭った家族の援助ができるとしている。食糧やその他の物資を今週中に行う予定である。
食料援助の内容は、米25キロ、6種類の魚の缶詰、コーヒー、粉末ジュース、砂糖1キロ、ココア、ヌードルと豆類で、その他の物資は、洗濯用石鹸や歯磨き粉である。

また、今回の災害でストレスを負った子供たちのために、Child Friendly Spacesを設立する計画をしている。
posted by CODE at 15:05| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Samar北部での地滑りと洪水

Samar北部での地滑りと洪水

2009/1/10
情報源:Government of the Philippines

降り続く雨の影響で、Samar北部において地滑りと大規模な洪水が発生した。結果として、Babon, Catarman, Lavesares, San Roqueの4つの地方自治体が影響を受けた。10日の夜中にBrgyで地滑りが発生し、6人が死亡、2人が負傷した。洪水は、他の5つのバランガイにも影響を及ぼしている。

2009/1/13
この地滑りで、46のバランガイに住む43,093人から成る8,647の家族が強制退去させられた。2つの避難センターが開き、82の家族に仮住居として提供されおり、残りの人々は、友人や親戚の家に避難している。

posted by CODE at 15:04| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

パプアでの地震に対するNGOの動き

2009/01/09
情報源:ACT

様々な国際的NGOがこの災害対応に動いている。

・ The UNDevelopment Programmeやユニセフ、ILOは迅速な対応をとっており、ジャヤプラにある事務所を通じて、地元政府のサポートを行っている。
・ インドネジア赤十字とMedicins Sans Frontieresは、被災地に入る準備をしている。
・ カトリックRelief ServicesやHOPE Worldwideは健康や食糧、生活環境回復のアシスタントチームを派遣している。
・ World Visionは、プラスチックマット100枚を震源の近くにある地域に送る予定である。
・ ジャカルタにある、イギリスの難民救済機関は、状況のモニタリングを続けている。
・ YBTIは、緊急人的アシストのために1,350USドルを提供した。
YBTIは、YBTIパートナーとともに援助を行っていく。現在、必要な物資は、食糧、テント、ブランケット、衛生設備と、医療・精神面に対する援助サービスである。この活動は、2009年の5月中旬までに復興できるように行われる。
posted by CODE at 17:29| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Catanduanesでの洪水

Catanduanesでの洪水
2009/1/9
情報源:Government of the Philippines

6日の夜中1時に発生した。85のバランガイ(フィリピンの最小行政地区)から、9,505の家族(47,029人)が影響を受け、難民たちは友人や親戚の家に避難した。
州災害対策委員会(PDCC)は援助物資を家族に支給した。

posted by CODE at 15:03| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィリピンでの洪水

フィリピンでの洪水

2009/1/9
情報源:Government of the Philippines

24時間降り続いた雨の影響で、1月9日にLabo,で洪水が起こった。合計で60の家族の1、300人が影響を受けており、Malibago, Gumamela, Anahaw, Bagacay と Sta Cruzが、影響を受けている家族を、教会や会館に一時的に避難させようとしている。Namukanan Bridge,・Macogon Detour Bridge ・ Mataganki Detour Bridgeの3つの橋が浸水しており、使用不可能となっている。また、8日の朝7時にLinamonで洪水がおこった。合計69の家族の1345人が影響を受け、2つの学校と5つの民家が損傷した。
posted by CODE at 15:02| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

救助がパプアに到着

救助がパプアに到着

2009/01/05
情報源:HOPE worldwide

地震によって、救助が困難になっており、この地域は、ジャカルタかジャヤプラからの飛行機でないといけないにも関わらず、地震による滑走路のダメージで空港は閉鎖されている。メディアの報道による詳細もわからず、報道されている4人の死者と23人の負傷者よりも多くの被害がでているのではないかという不安がつのっている。いくつかのメディアが、14,000人の人々がNational Disaster Management Agencyによって避難したと伝えている。

HOPE worldwideの災害援助チームは、5日に飛び立ち、6日にはパプアに到着し、千人の人々に緊急物資を届けで迅速な対応を行っているはずである。


posted by CODE at 16:55| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

World Visionによるパプアニューギニアでの活動

World Visionによるパプアニューギニアでの活動

2009/01/05
情報源:World Vision

今回のパプアニューギニアでの地震で、4人の死者がで、負傷者や多くの被災者がホームレス状態であると、昨日伝えられた。大きな建物は、大きなダメージを受け、電気や電話も遮断されている。揺れは、Sorongの都市近くで感じられ、Manokwariの空港は閉鎖された。しかし、津波の観測はなかった。

World Visionのチームは現地時間の朝8時(月曜日)に、WVインドネシアの事務所があるジャヤプラから飛行機で向かう予定であるが、これも現地のManokwari空港が再開すればの話である。もし、再開されなければ、ボートで現地に向かうとのことである。

WVは、1,800個の緊急用キットを用意しており、そのキットには、家族用と3歳以下の子どもをもつ家族用の2種類ある。このキットに含まれているものは、ブランケット、衛生キット、防水シート、サロンやマットレスといったものである。WVチームは、60から100個の防水シートを持っていくとし、必要に応じて再度フェリーで持っていくとのことである。
混乱が広がり、人々は津波の警告により、暗闇の中丘の上で避難している。

現地の人々は、地震の後も続く余震のため、家に帰るのを恐れており、外でいる。

WVは、今後もモニターを続け、Category Declarationの必要があるかどうか検討するとしてる。

posted by CODE at 16:54| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

マグニチュード7.6の地震がインドネシアの北パプアニューギニアを襲う

マグニチュード7.6の地震がインドネシアの北パプアニューギニアを襲う

2009/01/04
情報源:HOPE worldwide

2009年1月4日の日曜の現地時間、朝4時43分にマグニチュード7.6の地震がパプアニューギニアの北方を襲った。震源は、Sorong と Manokwariの間で、深さは35kmだった。この地震は、マグニチュード5.0を超える10回以上のも余震に続いて起こり、少なくとも4人の死者と5人の負傷者が出たと伝えられた。そして、千人近くの住民が、津波の恐怖に怯えながら、丘の上に避難している。電話通信は断たれ、連絡が取れないため、負傷者や死者の数は増えるのではないかと懸念されている。

この地震の影響で、日本において規模の小さい津波が観測されたとのことだが、負傷者や被害の連絡はいまのところない。HOPE worldwideは、翌日の5日にメンバーを送り、必要に応じて、医療サービスを行うとしている。インドネシアは、2004年の津波やその他多くの地震など自然災害に対して、世界の中でも被害が出やすいところである。
posted by CODE at 16:51| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

瓦礫除去作業が始まり、新しい職業訓練センターが建設される

瓦礫除去作業が始まり、新しい職業訓練センターが建設される

情報源:UNRWA
2008.10.29

UNRWAは、UNDPや他の機関と協力して瓦礫除去作業をNahr el-Baredキャンプで始め、そのセレモニーが開始された作業の横で行われた。

UNRWAに協力する形で、UNDPは瓦礫の除去作業を行っており、これは3〜4年かかるとみられている2009年1月からスタートする再建プロジェクトの一環である。
これに加え、UNRWAは北に新しい職業訓練センターを設立した。これは、ドイツ政府が全額支援しており、北レバノン地域の生徒にさらなる訓練場所を与えている。このセンターは、Nahr el-Bared キャンプの近くに位置しており、9つのコースを提供している。一階につき、250人の生徒をとり、2年にわたって経営技術を教える。

この新しいセンターのオープンで、北パレスチナに住む若者が、技術を学ぶことで仕事が見つかりやすくなり、かれらの家族にもよい影響が与えられるだろうと考えられている。

UNRWAが活動している5つの地域における460万人の難民たちは、教育や健康保険、社会保障などのサービスを受ける資格がある。UNRWAは、30,000人のスタッフを雇用しており、その多くがパレスチナ難民である。UNRWAの活動は、ほぼ完全に、ドナーからの自発的な貢献で運営されている。2008年からから2009年における予算は、11億ドルで、これは、教育や健康保険、社会保障などの活動をカバーする。
posted by CODE at 14:19| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パレスチナが16億ドルの支援金を受け取る

情報源:Agence France-Presse (AFP)
2008.10.29

パレスチナ首相のサラム氏は、占領域での経済状況の回復のために16億ドルの支援金を受け取ったと水曜に発表した。
これにおいて、パリで行われたドナー会議での約束が完璧に果たされたと語った。
サラム氏は、さらに2億5000万から3億ドルを要求するとしている。

この支援金は、パレスチナ政府の再建や地元経済の改善を目的として行われている。しかし、国際的な支援を行っているにもかかわらず、イスラエルによる入植活動によってウェストバンクの経済は依然として弱いままである。
パレスチナの2007年におけるGDPは、ピークの1999年より40%も落ち込んでいる状況である。
posted by CODE at 14:18| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パキスタンへ1,000万ドルの援助

パキスタンへ1,000万ドルの援助

情報源:オーストラリア政府
2008.10.29

オーストラリア政府はパレスチナに1,000万ドル出すことが決まった。これは、昨年12月にパリで行われたドナー会議においてオーストラリアが約束した4,500万ドルのうちの最後の1,000万ドルである。1,000万ドルのうち750万ドルはパレスチナの財政救済のためにパレスチナ世界銀行や開発計画基金から供給される。残りのの250万ドルは緊急食糧支援としてUNRWAを通じてガザの過酷な人権状況を支援するために供給される。

オーストラリアは、パレスチナの経済発展に貢献し、今日の声明では、さらに20,000万ドルを経済支援のためにパレスチナ政府へ、15,000万ドルをUNRWAへと支援金の追加を発表した。これにより、450万人のパレスチナ難民に支援が行われた。
posted by CODE at 14:17| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

ウィークリーレポート22

ウィークリーレポート22
情報源:OCHA
2008.10.28

軍隊活動が市民に影響を与える
今週は、IDFの活動の結果、死者はでなかったが、2人の子供を含めた5人のパレスチナ人が負傷した。その子供の中には、15歳の女の子が含まれている。彼女は、学校に投げ込まれた弾薬による火事が原因だった。その弾薬は、IDFの軍隊によって火がつけられていた。IDFは、Al Maghaziの西の国境付近で火をつけたが、誰も負傷はしなかった。他の4人の負傷者は、El Far'aとTuquにおけるパレスチナ人とIDFの衝突による被害だった。
Tuquでの暴動の発端は、86歳のイスラエル男性をTuquのパレスチナ人が殺害した事だった。襲撃者は逮捕の途中に銃で撃たれ、警察官の一人も刺された。襲撃者の家族は、IDFによる強奪や取り壊しを恐れて、家の中のものを全て移動させた。

今週のIDFにおけるサーチは先週に比べて増加したが、2008年の週の平均には近いままである。また、IDFによるパレスチナ人の逮捕も先週と比べると急激に増加している。しかし、この数は年の初めからの週の平均よりは39%低い。


ガザでのトンネル崩壊でさらなる死亡者
10月25日にトンネルの崩壊事故でパレスチナ人の男性が亡くなった。彼らの遺体は、エジプトのレスキューチームによって救出され、ガザに手渡された。国境の近くで他のトンネル事故があったが、負傷者は出なかった。同日、エジプト安全軍隊は、ガザ・エジプトの国境で3つのトンネルを発見し、破壊した。警告は事前に行い、負傷者の報告はなかった。イスラエルとエジプト間での交易が休止してから、ガザとエジプトの国境付近にトンネルが急増したのである。
posted by CODE at 14:21| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル・パレスチナ和平信頼醸成会議

イスラエル・パレスチナ和平信頼醸成会議
情報源:日本政府
2008.10.28

日本が、今日の午前にパレスチナ政府の財政救済のために1、000米ドルを出す事を決めた。日本は、パレスチナの経済状況改善に協力しており、独立や平和促進のための活動を行っている。日本は、‘和平と幸福の道づくり’を掲げており、パレスチナの人々に就職機会を与え、周辺地域に価値付加した生産物を輸出できるように、農産業団地を建設した。日本の協力は、1993年から始まっており、支援金額は、総額10億円にのぼる。

posted by CODE at 14:14| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

四川省の地震災害地で豪雨と暴風

四川省の地震災害地で豪雨と暴風

情報源:Jinde Charities
2008.09.29

四川省では、9月21日から、ここ100年間経験のなかった深刻な豪雨に襲われている。雨量観測によると、Jiangyouの町では129.4 mmを超えている地域もあるようである。また、Mianyang,やChengdu, Guangyuan、 Leshan, Deyang, Ya'anなどを中心に5000回以上の雷も起こっている。

長引くこの激しい雨でより多くの負傷や、生活への不安が人々を襲っている。2,3日前に起こった激しい雨風によって洪水や地滑りが起こり、橋や道路を流し、プレハブの住居を崩壊させ、加えて、農業や畜産業に大きな被害が出ている。電気や村への通路となる道路が絶たれた。26日の朝7時までにその豪雨と暴風は、136の村、1,298,000人に被害を与え、16人が死亡、48人が行方不明だと報告されていた。孤立してしまった地域にもまだ人がおり、緊急の避難が必要な人々は合計20,000人もいる。

ジュンデチャリティーのスタッフは、運搬道路の崩壊により、最初の救援ラインを阻まれてしまったが、Beichuan, Wenchuan, Qingchuan, Pingwuにいる責任者達と電話でコンタクトをとることができた。

Pingwuでは、そのにつながる全ての道路が通行不可能となり、Nanbaや5つの周辺地域とつながっていた運搬道路や一般道路は完全に崩壊してしまった。地元政府は、一刻も早い修復のために動いている。

Tang Jiashan Lakeの水位は危ないところまできている。BeichuanのYuli村では、2度めの洪水の危険に犯されている。
posted by CODE at 15:22| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

Woyunの地震被害者たちに穀倉を支給

Woyunの地震被害者たちに穀倉を支給

情報源:Amity
2008.09.26

合計964のチャリティー穀倉がWoyunの農業・畜産をおこなっている家族に配られた。27日に、最初の穀倉コンテナが届いくと、待ちわびていた村人たちが一斉にそのトラックを囲んだ。彼らは、その運搬を手伝い、穀倉は、あらかじめ決められていた順番に配られた。

アミティーのスタッフは、村人たちの顔に笑顔が戻っているのを見てうれしく思った。その夜以降、村人たちは、残りの穀倉が届くまで、毎日道に出てその到着を待っていた。

アミティーは、この月の初めに、その地域の人々は何を必要としているのか行った。その結果、5月12日の地震で、彼らの多くが穀物貯蔵設備を失っていることがわかった。これから訪れる収穫のため、農業者にとって穀物貯蔵設備は不可欠であり、かれらが自分達の生活を再構築することができる。しかし、多くの人々がお金がないために、新しい穀倉の購入や建築は諦めていた。そのため、アミティーが彼らを助けることにしたのである。必要な穀倉はWoyunにある全ての地域から集められ、値段交渉も終わって、新しい穀倉をオーダーした。どの穀倉も1500キロの穀物を保管できる。

アミティーは引き続き、要求に応じてWoyunやその周辺の村にも穀倉を供給する計画である。
posted by CODE at 15:24| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

AMDAの救援活動

AMDAの救援活動

情報源:AMDA
2008.09.19

AMDAの幹部は9月1日に四川地震で被害を受けた地域の病院に医療器具などを寄付するために、中国を訪れた。これは、2回目の訪問であり、初めて中国を訪問したときは、緊急救援活動のシスタントとして6週間、Chengduを中心として活動した。今回、AMDAは血圧測定器や薬をDujiangyan, Peng Zhou, Mian Yang 、 Guang Yuan の病院に寄付した。

Mian Yangでは、 40セットの薬を伝統的な中国の病院に寄付し、大いに感謝をされた。

病院の中には、地元政府によって丁寧な治療が行われているところもあるが、いまだに患者を収容する場所の確保に悩んでいるところもある。ゆえに、病院のなかには、仮設テントを建てているところもある。

今回の訪問の2、3日前に四川ではまた地震が起き、Mian Yang, AMDAは、救援活動をしつつ、幹部はPanzhi Huaと5月の地震の震央地点を訪れた。

震央地点の様子
震央であったLa Zhaでは、政府が十分な食糧を供給してあり、軍隊や地元警察がそこのコミュニティーにおいて、必要な助けを全て行っていた。このことは、ここがとても貧困で都市から離れた田舎であること、ここに住む人のほとんどがお年寄りや子供、女性であることを明らかにしている。大多数の若者達は、いまだに山の中で働いている。グルコースが欠落してしまっている人や風邪にかかっている人が多く、現地の病院が無料クリニックを開設した。深刻な状況の患者はすでにPanzhi Huaの病院に送られていた。

一行は、Chengduに戻ってJintang病院を含めた様々な病院に医療機器を提供した。
posted by CODE at 15:33| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。