2010年11月08日

ハイチにおける水の恐怖

情報源:International Medical Corps(IMC)
日付:2010/11/8

Crystal Wells広報官より
レオガン、ハイチ−Thelervilts(人名)は質素ではあるが快適な家を海辺に持っていた。1月12日にマグニチュード7.0の地震がおきて彼の家はコンクリートの骨組みと鉄筋だけに破壊されてしまった。彼は廃材を集めて新しい店を一から建て直し、防水シートと木で家を修理した。

9ヶ月経った今、彼の壊れた家はまたもや破壊されてしまった。今回は11月5日と6日に島を打ちのめしたハリケーン・トーマスのもたらした洪水によってだった。今では泥が家の床を覆い、ギザギザになった踏み石だけが濁った水のなかで彼の家への道を点々と指していた。

彼は角にある泥のついたいくつもの土嚢を指し示して言った。「私は家を守ろうとしたが、水が土嚢を流してしまった。」

私はThelerviltsにレオガン(地名)の半分がほとんど水浸しになった日のちょうど翌日に会った。1月の地震の震源地だったレオガンはハリケーン・トーマスでも最もひどく被災した地域だった。地元の病院は避難しなければならず、2,000人の人たちがより高い場所へ移らなければならなかった。Thelerviltsとその妻子が住むレオガンの小さな町のCadaではIMCの緊急対応チームが土曜日(6日)に訪れた時でも洪水の水はいまだにひいていなかった。住民達は膝の高さまでの水の中を歩き、低木の茂みに持ち物を掛けて乾かしていた。

「私は幸運だった。隣人の多くはベッドを出たら水の中に足を突っ込むことになっていたのだ。」とThelerviltsは言った。

ハリケーン・トーマスの直後に、IMCはレオガンのCadaやひどい被害を受けたポルトープランス、Nippes, Petit Goaveなどの他の場所へ医療、栄養、水、公衆衛生の専門家からなる調査チームを送った。チームは衛生キットや毛布を配給し、コレラのような水による病気の発生を防ぐためには、水に浸かった地域に持ち運びのできる水と汚物の処理設備がとても必要であると確認した。

水についてはThelerviltsも一番心配している。「誰かに洪水を止めてもらいたい。私がやりたいけど私にはその手だてがない。」

北部でコレラの発生が猛威を振るっていることがThelerviltsの心配の理由である。コレラが最初に発生し始めたArtiboniteでトーマスの後にコレラが急増していたのだ。Gonaivesの Robateau病院へ住民達は治療を求めて殺到しており、さらにPort au Paix近くの北西部では今新たな発生が報告されていた。最近の患者急増がハリケーントーマスと直接関連しているかどうかは結び付けにくいが、洪水と嵐の後の肉体的なダメージは対応を困難にしている。多くの地域ではよりアクセスが不便になり、洪水によって食料や水源が汚染された可能性がある。

IMCはハイチのコレラの新たな発生への対応を続けている。コレラ対応チームがRobateau病院を支援するためコレラ対策センター(CTC)を立ち上げ、北西部の発生にも対応を展開している。Gonaivesの新しいCTCは最初の発生が伝えられてから7番目のCTCになる。トーマスの後、IMCのコレラ対応チームは川を渡って、コレラ患者へ薬や生活必需品を運んだ。

Thelerviltsがレオガンで恐れているのは、水が病気を拡大させることだ。彼は小さな子供が泥でできた島に座っているのを指して言った。「あの赤ちゃんを見てください。ここではみんなが水によってひどい病気になってしまうと思う。」

Thelerviltsは、自分の家族は自分の店で売っているボトル入りの水しか飲まないと断言した。しかしすべての人がボトル入りの水だけを飲むという手だてを持っているわけではなく、Cadaや、レオガンなど他の水に浸かった地域の多くではほとんど皆、風呂や料理や洗濯に、おそらく今は汚染されているであろういつもの水源を使うしかない。まるで彼の心配を裏付けるかのように、1人の男が水の中を歩いてThelerviltsの家のすぐ近くの井戸にやってきて、茶色の水の中にバケツを入れて水を汲んだ。その水をどうするのかと聞いたら、彼は「風呂だ」と答えた。


原文URL:reliefweb.int

posted by CODE at 00:00| 中・南アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。