2010年08月13日

安全な家?サンマルクの仮設住宅とハリケーン

情報源:IFRC
日付:2010/8/13

「これで娘に何かいいものを買ってやれるよ。」Junior Joseph Marcは800グールド(20USドル)を数えて微笑みながら言った。彼はやがて自分が住めるようになる家を建てるという3日間の労働によってそのお金を稼いだのだ。

国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)は、ポルトープランスの北95kmのところにあるサンマルクの村に15棟の暫定的な避難住居の外部構造を完成させた。床張りはもうすぐ終わり、いつでも正当な所有者に引き渡される準備ができている。

土地は地震以降34家族の緊急宿泊施設を提供していた小さなNGOからIFRCが使えるように用意されたものだった。

Marcのような受益者と認められた人々は住居の建設に参加するよう誘われた。IFRCの避難住宅の専門家や地元の大工や職人達と一緒に働くことによって、参加者達は新しく役に立つ技術を身につける機会を得ることになる。

「私はこの家の仕事をするまでは建築のことは何も知らなかった。見習いとして働いて、経験を積んだ大工さんから多くのことを学ぶことができた。」とMarcは言った。

Marcの両親は地震の前に亡くなっていた。彼と弟は名付け親に面倒を見てもらっていたが、その名付け親は地震で亡くなってしまった。その時、Marcは電気技師になるために私立の技術専門学校であるサンマルク技術者協会で勉強していた。しかし名付け親の死によって彼は勉強をやめざるをえず、地元のNGOのもとで生活するというしばらくの間の居場所を見つけた。

「これが終わったら弟といとこは私と一緒にここに住むことになる。これは私が持つ初めての自分の家と呼べる家になる。」とMarcは言った。

Jean-Claude Theophileは大工で、IFRCのサンマルクでの仮設住宅建設の統括責任者である。

「我々は地中深く打ち込んだ頑丈な木製の柱を使っている。そして圧縮された土や粗石で基礎部分を埋める。」と彼は説明した。

「骨組みの結合部は風対策として強化した。そして屋根と主要構造をハリケーン用のストラップを使って動かないように結合する。ドアには二重のストラップを使う。その結合部はもっとも弱いところなので強化しなければならない。一時的な壁として使っていたプラスチックシートは、最終的にはより耐久性のある木製パネルに数週間のうちに取り替えられるだろう。」

IFRCの仮設住宅はすべてカテゴリー1のハリケーンの風に耐えるよう設計されている。しかしハリケーンの避難所としては設計されていない。ハイチにおいてここ最近数年のハリケーンによってもたらされる被害の多くは洪水や地すべりによるものである。ハリケーンの場合には、居住者は暫定住宅に避難し地元の防災専門家の出す指示に従うようアドバイスされている。

原文サイト:reliefweb.int
posted by CODE at 00:00| 中・南アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。