2010年08月21日

ハイチ復興への長い道のり

情報源:CWS(Chris Herlinger)
日付:2010/7/28

コミュニティを基盤としたグループのメンバーは、1 月12日の地震によって住むところがなくなった人々への食料支援のプログラムをハイチの北部で始めた。南部の海沿いの町Jacmelでは被災者のグループが結束して地元の教会の敷地へ移っていった。そしてポルトープランスでは地震の12日後男子を出産した女性がこれからどうしたらいいのか悩んでいた。

これらの人たちは私が地震の直後1月と2月に出会ったハイチの人々である。そして私が最近ハイチへ戻った時、彼らを探そうとすることと数ヶ月の間でどれくらい多くのことがハイチにおいて変化したかを比べることは適切なことと思われた。

彼らはどうしているのだろう?何をしているのだろう?彼らの将来に向けてのプランは何だろう?
ここに書くのは最近のハイチでの視察に基づく最新情報である。

1)Artiboniteの北部の県にあるPetite Riviereでは、CWSと長い間パートナーであったChurch World Service Chretien d'Haitiを含めたACT Allianceと連携するコミュニティのメンバーが食料支援のプログラムを続けていた。そのプログラムは、ハイチの地方部において情報と連帯とコミュニティ支援の重要な発信元である、いくつかの地元ラジオ局を拠点としていた。

しかし食料支援プログラムは縮小していた。当初、最高で8,000人最低でも3,000人との範囲と推測されるポルトープランスからの移住者のうちの一部だけしか、今Petite Riviere de l'Artiboniteに留まっていないからである。(キャッシュフォアワークのような)人道支援をより受けやすく、地震後も多くの家族が残っていた首都へ多くの人達は戻っていった。

2月にはコミュニティベースの場所で1日約500食が出されていたが、今そのプログラムはPetite Riviereでは週に2,3回に縮小されていた。

地元のラジオ局のひとつであるRadio Familyを最近再訪した日に、このプログラムに参加しているコミュニティのメンバーは、参加者の減少がこのプログラムの縮小の原因のひとつだと言った。他の理由としては、同じレベルでコミュニティの支援を維持するのがただただ難しかったということだった。特にPetite Riviere自体が住民のための十分な食料を確保するのに長い間苦しんでいる状態にあったからである。

「私達はここで大変多くの食料を必要としている。」と教師であり、ジャーナリストでもあるSama Odmarcは語った。

米作地帯であるこの地方は、アメリカ合衆国からの米の輸入が地元の農家を圧迫してきたということも含めた問題を何年もの間かかえていたと、Odmarcとその他の人達は説明した。農家は肥料のような基本的なものを買うための払込金を確保するという問題にも直面していた。払込金自体がとても犠牲の大きいものである。「収穫前に彼らはローンを返済しなければならない。米、コーンミール、サツマイモ、雑穀などに集中している地元の食料は栄養が十分でないので、収穫物を多様化することが必要とされるのだが、それに対する何らかの十分な対策が行われていない。」と元農学者であるNicolas Altidorは言った。

Petite Riviereで必要とされる事柄には肥料や妥当な払込金という形で農家を支援することがある。これらのことがなければ、切迫した状況が人々を地方からすでに超過密状態になっているポルトープランスへ追いやり続けるだろう。人々は本当はポルトープランスにいたいと思っているわけではない。しかしこの地方部とは違ってやはりそこではお金が得られるという感じがするのである、とAltidorは言った。

2)Jacmelの南部の沿岸部の市では、ACT AllianceのメンバーのDiakonie Katastrophenhilfeと地元のパートナーのメンバーはいくつかの避難キャンプを開設し運営していた。家を修繕したり建て直したりする注目すべき取り組みも進行中だった。注目度は低く小さい取り組みだが初期段階での尽力は、避難キャンプに移りたくないいわゆる連帯グループの支援をすることだった。

連帯グループのひとつはJacmelのWesleyan メソジスト教会の敷地の周辺に留まって地元のACTのパートナーから初期の支援を受けていた。2月にここを見た時は、防水シートやキャンバスはぼろぼろに裂けて破れているようにみえた。そしてそのエリアはもっと正式に組織された非難キャンプに比べたら少なく見積もっても無秩序に思われた。しかし最近見たところでは教会の敷地は前よりきちんとしていた。学校のテントでは授業が行われており、(地元Jacmelの有力者から寄付された)住民を雨風から守るちゃんとしたテントに使い古された以前のものが取り替えられていた。

しかしコミュニティの生活は不安定なままだった。

「この場所にいる人達の数は400人から150人へ減った。多くの人達は一人でやっていくほうがよいと決めたり、家に戻ったり他の場所へ移っていったりした」とこのコミュニティのメンバーのひとりであるFrancilaire Jeudiは私に語った。

「ここを維持していくのは難しかった。」とこの連帯グループの維持について彼は語った。理由のひとつとして、支援活動においてはよくあることだが”緊急時”の初期段階における食料支援は終了したことがいえる。(トロントを拠点としたGlobe and Mailの7月11日の報告でも、コミュニティは異なったグループにばらばらに分裂し、その分裂したグループの多くは連帯コミュニティの指導力に不満を持っていたとしている。これらの不満を持つ人々は結局は教会の敷地を離れ、今は他の場所の路上で暮らしている。)   
訳注:Globe and Mail カナダのニュースメディア

学校のクラスはより多くのコミュニティに広がっていて、教会の敷地に暮らしている連帯グループからも15人の子供達が授業に参加しているとJeudiは強調した。

長期間にわたる懸案事項は残っているとJeudiは言った。それには食料の心配や仕事の必要などが含まれている。連帯コミュニティの中でもキャッシュフォアワークの支援を受けている人達もいるが、そうでない人もいて、何とか生きていくのがやっとであった。

彼もまだ仕事を探している人のうちの一人である。「働かなくてはいけない。」とJeudiは言った。

3)ポルトープランスの隣のBelairで、私はMarie Sylsalveを探そうとした。彼女は息子のMcAnleyを地震の12日後に出産した。彼女は夫のAndreを見つけることができなかった。夫婦の家は崩れ、Sylsalveは夫が地震でなくなったと思っていた。彼女は壁が夫の上に倒れたのを見たのだ。私が1月の終わりに会った時、彼女は露天商として働きながらポルトープランスの隣のBelairの避難キャンプで暮らしていた。彼女は彼女自身と生まれたばかりの息子と三人の他の子供達とどうやっていくのが一番よいかを考えていた。

この避難キャンプはACT Allianceの人道的支援で支えられ、ブラジルの組織のViva Rioとのつながりがあったのだが、今は、ノルウェー教会の援助組織を含むポルトープランスのACTのメンバーの支援を受けていた。

最近訪ねた時、Sylsalveと他の人達が暮らしていたテントはなくなっていた。Viva RioのスタッフのBerdine Edmondは、おそらくSylsalveと彼女の子供達をも含む400家族は地震から約三ヶ月間4月10日まではここにいたと言った。

Viva Rioは子供達向けのプログラムのために場所を作り直す必要があるとそこにいた家族に言った。「ほとんどの人は以前住んでいたところに戻ったか他のキャンプへ移ったかした」とEdmondは言った。一時的な住民とACTの支援するNGOの間には協力や信頼の関係があったし、ここにいるのは一時的だいうことをいつもはっきりさせていたViva Rioとのよい関係は続いていた、と彼は言及した。しかしViva Rioと住民達のあいだに築かれた関係は一時的なものではなかったのだ。 例えば、一時的な住民の多くはViva Rioの小児科健康プログラムにまだ登録しており、そのなかにはMarie Sylsalveと彼女の息子のMcAnleyも含まれていた。


(以下省略)

原文サイト:reliefweb.int
posted by CODE at 09:31| 中・南アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。