2010年06月04日

ハイチ:「私たちは再び災害の危険にさらされています」

情報源:UNOCHA(国連人道問題調整事務所)
日付:2010年6月4日

ハイチにおける嵐のシーズンの始まりを告げる風雨が既に、1月の地震で家を失った人々の住む一時しのぎのシェルターに被害をもたらしている。支援団体は、さらに悪い事態が起こりうると警告している。
「防水シートはテントよりは持ちこたえますが、最良の防水シートや最良のテントでも、雨季、ハリケーンシーズンをしのぐのに適した場所にはなりません」と、シェルターを監督する諸機関グループのコミュニケーション・オフィサー、Timo Lüge氏がIRIN(国連人道問題調整事務所・統合地域情報ネットワーク)に語った。「多くのキャンプは雨が降るごとに水に浸かっており、住環境は悲惨です。」

家を失った約150万人がキャンプで暮らしている。
支援団体はできるだけ早く、よりしっかりした持ち運び可能な高床式住宅を建てようとしている。計画された12万戸のうち1873戸が建てられ、9365人が居住可能となったが、12万戸を完成するには約1年かかるとLüge氏は言う。

資金と資材は手元にあるが、土地所有権の問題とガレキの除去がプロセスを妨げている。「土地の確保、必要な資材の購入と輸送、建設の完了に何ヶ月もかかるでしょう」と彼は言う。

「7000戸以上の仮設住宅に使われる資材と併せて、シェルター・クラスター(シェルター関連を扱う組織横断のグループ)メンバーの最大の課題は、仮設住宅建設に利用可能な土地がないことである」とハイチのUNOCHAが5月24日に発表した。

一方、Lüge氏によると、援助機関は木材、くぎ、ロープ、その他資材を配布したり、既存のシェルターを補強・防水する方法についてのクレオール語のポスターなどで助言を広めたりしている。

国際的な援助団体であるOxfamが28ヶ所で行った調査で、「過剰に混雑している」ことと水はけの悪さが、洪水と病気のリスクを高めていることがわかった。OCHAの発表では、洗浄・洗濯用の水が十分になく、衛生面が危険にさらされているとのことである。下痢の発生ケースは低いが、水不足による皮膚病は頻繁に起こっている。

大惨事
アメリカ海洋大気局は大西洋海盆に、「活発もしくは極めて活発」なハリケーンシーズンの到来を予告した。OCHAは6月1日の声明で、「地震以降、これほど多くの人がこれほど脆弱な状態におかれているなかで、今年の深刻なハリケーンは壊滅的なものとなりうる」と発表した。ハイチの市民保護局は学校などの建物で、地域のハリケーン避難所となりうる場所を特定してきた。

首都ポルトープランスのMaïs-Gaté 2地区にあるCaremagaキャンプに妻と子どもと暮らすJean-Ferdinand Jean-Jacques氏は、初期の嵐による被害は大きなものだったと言う。「こうしている間にもほとんどのテントは水に浸かり、すっかり腐っていきます。」

Caremagaキャンプの委員会メンバーであるHarold Desaugustes氏がIRINに語った。「ちゃんとしたテントを持たない人々の一時的なシェルターは風雨で既に壊れてしまいました。嵐が来れば、また大惨事に見舞われます」

彼は、自分の家族も含めて多くの人が、プラスチックシートと柱でできた簡易のシェルターに暮らしているという。「ときどき夜中に風雨で骨組みが崩れます。」風でプラスチックシートが吹き飛ばされたため、最近2枚目を買ったという。

Desaugustes氏の世帯は16人で、6歳未満の子どもが5人いる。「テントを持っている他のキャンプの住人によく、子どもたちをそこで寝かせてくれないかと頼んでいます。2〜3人をここへ、2〜3人をあちらへ、というふうに。」

原文URL:reliefweb.int

posted by CODE at 17:21| 中・南アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。