2010年04月22日

地震被災で果たされるチベット仏教僧たちの役割

情報源:Reuters-Alertnetより抜粋
日付:2010.4.16

何千人もの兵士と政府による救助・復旧活動を行うオレンジ色のジャンプスーツを着た救助隊員たちは、何千とまではいかないにしても何百人もの深紅色の僧衣や上着を着たチベット仏教僧と協力していた。多くの僧は自らの取り組みを宗教的な誇りの表れだと述べた。

僧院から来た彼と何百人もの僧達は布で覆った台の上に遺体を集め、その何百もの遺体の中から地元の人々が親族を確認するのを手伝った。そうしている間、僧達はその前に座って死者のためにお経を唱えていた。

他のチベット人たちはオンライン上に集まり、死者を悼む詩を投稿し、結束を呼びかけ、伝統的なチベットのバターランプの画像を中国のチベット語のウェブサイトに載せた。あるチベット人向けの中国のポータルサイトは死者を悼み、白黒だけで編集された。

多くの僧達は何百キロもの道のりをバスやトラックの荷台にぎゅうぎゅう詰めになってやってきて、玉樹県の破壊された主要な町結古鎮で、生存者を探すのを手伝い、炊き出しをし、死者を弔った。

原文URL:reliefweb.int
posted by CODE at 12:52| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。