2010年04月16日

ハイチ: 地震で家を失った人の自発的な移住にはずみ

情報源:IOM

ハイチ政府が雨季の安全なシェルターを見付けるための過程を主導し、IOMとパートナー機関は、1月12日の地震で家を失った数千人の自発的な移住を進めた。

IOMは、ポルトープランス郊外のCorail Cesselesseという新たな土地に1417人を迎えた。
新たな住人達はPetionville Golf Club キャンプから移住してきた。そのキャンプには7500人が住んでいたが、危険で緊急に工事が必要と考えられたためだ。

ハイチ人にできる選択は、安全と証明された家に戻ること、一緒に住むホストファミリーを見付けることや、別の土地で仮住まいをすることなどがあるが、新しい土地への移住は最後の手段だ。

Golf ClubからCorailへ移住した人の数は日々増大し、4月10日には62人だったところが4月15日には521人となった。合計418のテントが建てられた。最後の手段の提供者として、IOMは次のパートナーに引き継ぐまでの間、Corailキャンプの管理者を務めている。

一方、Petionville とPort-au-Prince中心部の間の河川敷に沿ったValle de Bourdonでは広報活動が加速している。軍隊や国際的なコミュニティエンジニアが、2500人のコミュニティが住むエリアを危険と伝えた。川の小石が洪水のリスクを益しており、緊急時には大雨で人道支援も届かなくなると見られている。

住人は、援助団体Concernが運営する、ポルトープランスのアメリカ大使館にほど近いTabarre Issaという場所へ移住する選択を提示されていた。

火曜(おそらく13日)と水曜(同14日)、国際レスキュー委員会(IRC)の社会モビライザーのチームがVallée de Bourdonコミュニティへ状況説明に行った。木曜日、エンジニアは最も危険な場所を判定するためにその場所を訪れた。また、谷周辺の要所に記録・情報センターが設置された。活動は土曜(同17日)に始まり、4〜5日続くとされている。

IOM登録チームは現在までに30万人のハイチ人が家を失ったと登録されているが、明確な情報を集めるために進行中の調査では、全国で210万人が家を失ったと見積もられる。住民登録のプロセスは、ポルトープランス中部の大きな広場、Place de la Paix キャンプで木曜に始まる。

原文URL:reliefweb.int

posted by CODE at 16:48| 中・南アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。