2008年08月31日

3400万人の被災地の生徒たちが学校に復帰

3400万人の被災地の生徒たちが学校に復帰

情報源:Xinhua
2008.08.31


5月12日の地震の被害地である四川省にいた3400万人の全ての生徒たちが月曜日に学校へ復帰できるようになると発表された。

33%の生徒たちは、元の学校に戻って再び授業を受けることができるようになる。38%の生徒たちは修復されている学校に通うことになり、28.4%の生徒はプレハブ校舎で勉強することになる。

最もひどい被害を受けた地域の2万人近い生徒たちは、学校に通うために故郷を出ることを余儀なくされるだろう。1万千人の生徒は四川の16の他市で学ぶことになり、他の生徒たちは25の他省で勉強することになる。

地元行政は、この地震や貧困で学校生活から遅れる生徒がでないようにしたいと語り、生徒たちに生活保障を与えていた。

日曜日の朝から、Qingchuanで合計1400人の生徒が新しい学期を始めた。
posted by CODE at 12:36| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

この3ヶ月間〜5月12日の地震における香港のオックスファムから〜

この3ヶ月間〜5月12日の地震における香港のオックスファムから〜

情報源:オックスファム
2008.08.25


オックスファム香港の復興訓練とこれからの救援活動計画
第一段階の緊急援助は完了しつつあるなか、オックスファムは被災者たちの生活を元に戻し、コミュニティーや学校の再建、精神的トラウマからの回復、災害に対する事前準備ねどに焦点をあてるようになってきた。推定総額1億3千万HDKだといわれている。

オックフファムはChengduにオフィスをおき、これからの5年間、四川での復興支援に協力したり経過をモニターすることにした。(仮設学校の設立やインフラ整備など)

また、Gansuにある、大きな被害を受けた貧困地であるWen省やWudu地域にも多くのお金を投資して、これからの3年間において救援活動を行う予定である。
活動内容
・地震に被害を受けにくい場所に、16この小学校を設立
・水道システムや道路など、地元の農業、養殖業の回復支援




都市部に遠く、多大な被害を受けている地域における被災者を優先的な援助対象に
オックスファム香港は、運送問題を乗り越え、最も被害を受けたとされるWenchuanやQingchuan、Maoにおいて救援活動を行っている。

オックスファムのこれまでの経験に基づくと、貧困地域は災害における被害がひどいかった。彼らは自分たちを守る手段が少なく、食糧支援が止まると、ひどく困る状況になる。貧困は、災害後の悲惨な被害を引き起こす、一つの大きな問題であるのだ。

これらの地域は、移動手段の貧困さやアクセス情報の少なさから、軽視されてしまうことが多く、そこに住む人々も外部の援助を受けるのは難しいと感じている。地震による被害は広く、Gansuでは100億棟以上の家が完全に破壊され、その他1,441,300棟の家が被害を受けている。それゆえ、1,564,000人の人が仮設シェルターをひつようとしているのだる。

この地震で大きな傷を負った人々や亡くなった人たち、普段の生活を壊されたことなどから、被災者たちはこの被害に立ち向かう元気をなくしていたため、オックスファムは速急な助けを求める人々への救援を焦点においた。それと同時に、将来起こりうるリスクを最小限にする活動も行っている。オックスファムは、現地を視察し、そのリスクを検証した。

安全確保を最も重要視しており、仮設学校を建てる際も、マグニチュード7まで耐えることができる材料を使うなどした。

オックスファムは、経済回復活動も行っている。この地震で貧困地域に影響がで、経済状況が回復していた地域もまた貧困に悩まされるよになってしまった。オックスファムは、この経済回復はインフラ整備や農業関連の回復とつながってくると考えている。
posted by CODE at 15:55| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

ジュンディチャリティーが被災地に1000組の冬用テントを寄付

ジュンディチャリティーが被災地に1000組の冬用テントを寄付

情報源:Jundi Charities
2008.08.06


地元政府機関や教会団体と共に、ジュンディチャリティーは、5月12日の残酷な地震が起こった日からその被災地においての救援活動を続けている。様々な分野でのボランティアチームを送ることに加えて、ジュンディと海外の協力団体は被災者に対して、6550組の品質のよいテントを送った。これらのテントは、海外から輸入されていて、総額は1億2千6百万RMBであった。輸入税免除におけるチャリティーである中国連盟のアシスタントや州、市、国の政府の協力のお陰で、24の村や町にいる52400人の被災者に一時的な居住地として提供することができた。

 同時に、ジュンディは、ウェンチェンやベイチュアンに点在する20以上もの村に住む43000人の被災者たちに総額300万円RMB以上になる645トンのお米や67.53トンの食用油も提供した。さらに、折りたたみ式のベッドや薬、懐中電灯、Tシャツやそのほかの生活必需品を様々な人々に提供した。

 お米や食用油を提供する過程において、ウェンチェンの役員たちがジュンディに冬用テントの提供を要請してきた。ウェンチェンは、輸送機関が入りにくい山間部に多くの被災者がおり、それゆえに、そこに移動住宅を建てることはとても困難であった。その地域は、冬が他よりも早く訪れるため、適切な家が建たなければ、被災者たちは過酷な状況に追いやられることになるのだった。

 この状況を知っていく中で、ジュンディは、海外の協力団体と共に、冬用テントを提供することを決定した。2週間の準備期間の後、1000組の冬用テントは、天津の関税の手続きを経て、中国チャリティー連盟の手助けを受けながら、4台の大きなトラックで四川に届けられ、それらのトラックは、8月1日の朝にDujiangyanに到着し、ウェンチェン政府が受けとって、小さなトラックで指定された様々な地域へと送られた。ジュンディやボランティアのスタッフが、後にそれらのテントの使用状況や貢献状況を調査しに行く予定である。

 2008年の7月の終わりまでに、ジュンディチャリティーは、援助物資において2000万RMB近くを投資しており、現在は、地元政府の要請に応える形で、被災地の再建プロジェクトを立てている。
posted by CODE at 15:43| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。