2006年12月26日

インド洋大地震と津波

寄贈者報告―2006年12月12日


序文

2004年12月26日に襲ったインド洋大地震と津波は、国連と一般社会へ、先例のない
課題を生み出した。同じ時期、それは人道主義の分野においての反響の中、援助の増加
の新時代を幕開けさせた。

寄贈者の数と同様に、OCHAの預金口座に預けられた資金の量の見地からすると、津波
信託基金は、最善に基金が利用されることを監視することを念頭に入れた目的で、新しい
信託基金として創設された。国連チームとIASC津波特別対策本部との共同取り組みの
中で、OCHAは、この災害後、生計を再建しようとしている被害者を助けるために、これら
の基金機関を多くの国連機関へ提示した。

結果として、OCHAは60以上の公的な寄贈者と個人の寄贈者、また、14の被援助者機構
の代表として、津波信託基金を運営した。そして、基金利用に関連したすべての問題のため
の、顧問の役割を果たした。

この試みは以下のいくつかの方法で、国連人道主義改革の原則を適用するために、非常に
優れた機会を提供した。

(以下)

― 国連協調関係構造を統合した設立は、スリランカとインドネシアの主要な津波復興活動
において、OCHAとその他のエージェンシーによって援助された。

― 人道主義的な責任者の役割は、それらが基金提供、そして、必要とされた時に、最初の
時間枠を越えて、それらの拡張の是認を受け取るためのもっとも相応しい事業と分野での
役割を果たした時、強化された。

― 財政上の流れにおける透明性は、OCHAの津波支出追跡組織とUNDPの発展支援
データベース開始を通じて高められた。

事実は、世界が、ダーファー緊急事態と共に、適切で時を得、柔軟な人道主義的財政の機関
媒体者として、中央緊急事態反響基金の設立への機動力を起こした災害によって、捕らえら
れたということである。CERFは、津波が起こった約1年後、国連一般集会による合致した意
見によって承認された。そして、津波信託基金を運営しているOCHAによって得られた経験
から利益を得た。

この報告での私達の目的は、信託基金によって容認された計画の概要を提示する事であり、
又、これらの事業が、どのように非常に多くの災害の被害者の状況の改善を助けたかという
ことを示すものである。

私、ジャン イグランドは、寄贈者、政府、企業、または個人へ、津波信託基金へ皆様の寛大で、
時を得た貢献に対し、感謝の意を述べたいと思います。

人道主義部局書記長次官、緊急避難救援責任者、
ジャン イグランド


情報源:UNOCHA(国連人道問題調整事務所)
原文URL: reliefweb.int
*著作権は情報源に帰属します。
タグ:津波
posted by CODE at 15:19| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

インドネシア:津波から2年

Pak Tarmidji さんの今

45歳のPak Tarmidjiさんの生活は、2004年の津波以来、取り戻す事が出来ないくらい変わって
しまいました。最愛の妻Ibu Sulistinは、彼が必死に一本の木にしがみついていた時、大波によって
まさに一瞬の内に、彼の手から運び去られてしまったのです。彼は今、一人で子供達を育ててい
ます。けれど、長年漁師として生計を立てていた彼が、今は海に戻る事がどうしてもできません。

Pak Tarmidjiさんはインドネシアのアチェ地区のGlee Bruek村に住んでいます。以前は1,100人
以上の人口がありましたが、津波で800人以上の死者がでました。今、2年が経って、村の生活
はゆっくりと改善されつつあります。それはアメリケア(AmeriCares)が出資し、協同者である
Project Concern International(PCI)によって実践されている、上下水道整備プロジェクトや、
生計支援プログラムによるところもあるのでしょう。

2006年4月よりアメリケアとPCIは、Glee BruekとLhoongの小地区である周辺の3ヶ村に、衛生
的な水を供給するプロジェクトに取り組んでいます。Pak Tarmidjiさんも言うように、津波以前から、
この地域における飲料水や生活用水は、常に問題となっていました。アメリケアの支援を得て、
PCIは現在4本の水道管を建設中です。あと数週間で完成しますが、そうすると全体で4,822人
の人々に供給する事が出来ます。

すでにPak Tarmidjiさんは、このプロジェクトの恩恵を受けています。彼は同じ村の仲間達から、こ
のClean Water Infrastructure Projectの地区代表に選ばれました。この事で彼は新たな任務と共
に、新たな生計を得る事が出来ました。彼はこの試みが自分達の地域にもたらす変化を、心の底
から待ち望んでいます。

“私は、今だに強いトラウマの為、漁に出る事が出来ません。まだ心の準備が出来ないのです。”
と、Pak Tarmidjiさんは言います。“でも今は、PCIやアメリケアと共に多くの事業に参加しています。
私はその事にとても感謝しています。特に衛生的な水の供給に。それは、私たちにとって本当に
長年の夢だったのですから。”

これはインドネシアやスリランカで、人々を津波被害から復興させるべく、アメリケアが行っている
取り組みの、ほんの一例にすぎません。


情報源:AmeriCares Foundation
原文URL:reliefweb.int
※著作権は情報源に帰属します
タグ:津波
posted by CODE at 11:05| アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月19日

イラン:地震による壊滅的被害から3年 瓦礫の町バムで新しい学校を建設

3年前の12月26日、地震により壊滅的な被害を受けたバムの町では、古代の砦が崩壊し、
2万6千人が死亡、3万人が負傷、そして7万5千人が住む家を失った。

少なくとも85%の建物が倒壊したが、これには、119の保健センター・診療所・病院、そし
て131の学校も含まれており、約2万人の子供たちが学校を失った。
バムは、イランにある断層の上に位置しており、イランは世界で4番目に災害に脆弱な国と
されている。

しかし、ついに、9つの学校、2つの診療所、1つの整形センター、そして道路救助センターが
国際赤十字赤新月社連盟(国際連盟)の資金援助により、瓦礫の中から現れた。地震3周
年目となる日の前日にバムにて公式に落成式が行われた。

「私は、素敵な椅子があるピンク色の壁の学校をずっと夢見ていました。いま私の夢が本当
になりました。」とMarefat小学校の8歳の生徒は述べた。「ずっと遠くにあるものだと思って
いたものが、突然目の前に現われて。こんなに早く学校ができるなんて思ってもみません
でした。」

建設作業が行われている間、新しい学校は、コンテナの臨時教室で勉強していた生徒全員の
夢であった。今や、モダンな施設を備えた新しい学校の落成により、この夢はついに現実のも
のとなり、教師や親にとっても大きな喜びとなったのである。

緊急援助後の復興期においては、国際連盟は、学校の建設を最優先とした。そしてバムにお
いて、5つの一般校と障害を持つ生徒のための3つの特別校と1つの複合モデル校を含む
計9つの学校の建設に貢献した。

5つの一般校は、2006年9月に完成し、教育省に引き渡された。また、障害を持つ生徒のた
めの3つの特別校は、2006年11月末に完成、Arg-e-Bam複合モデル校は、完成まであと
わずかである。

国際連盟により建設された学校の落成式は、2006年12月6日にArg-e-Bam複合モデル校
で開催された。落成式で生徒・教師・親たちは、「私たちのことを覚えていてくれてありがとう!」
「私たちのことを忘れないでいてくれてうれしい」「国際赤十字赤新月社連盟の支援に感謝しま
す」と書かれた垂れ幕を掲げた。

生徒・教師・親、イラン赤新月社及び国際連盟の代表を含む約200名がこの式典に参加。
また、イラン・イスラム共和国教育副大臣、アイルランド駐イラン大使、ケルマーン州知事、
バム知事も出席した。

そのほかにも、アイルランド・日本・スウェーデン・オランダ・台湾の赤十字からの代表が国連
機関や国際機関の代表とともに出席した。

イラン赤新月社理事長であるKhatami博士は、スピーチの中で国際連盟と各国赤十字社・
赤新月社の貢献に謝意を表した。

「2003年12月26日にバムの地震で多くの人が亡くなりましたが、人道の精神は、生き残って
いることを知りました。」と同博士は述べた。

「バム地震の被害者の方々、特に生徒たちに人道支援を提供できたことは、私どもにとって光栄
であります。」と国際赤十字赤新月社連盟のIbrahim Osman副事務総長は述べた。「私は、これ
らの学校が、地震の後にすべての人によって示された高貴な人道精神の証として、永遠に残る
ことを心から希望いたします。」

ドナー団体を代表して、Anthony Lawlorアイルランド赤十字社副理事長は「若者はイラン国民
の多くを占めております。バム地震により若者は教育施設を奪われました。ですから、この生
徒たちの教育を支援する良い機会であると考えました。私は、私どもが行った支援に誇りを持
っています。イランにはこの支援に値する才能のある若者がたくさんいます。」と述べた。

Bourbourイラン教育省副大臣は、この復興プログラムに関し国際連盟に深い謝辞を表した。

同氏は「教育部門への投資は、その国の未来への投資であります。私どもは、国際連盟によ
るバムの教育部門への支援は、イラン国民の未来への多大なる貢献であると考えております。
人生において最も困難な時期にあった地震被害者に対する国際連盟の貴重な援助を私ども
は、決して忘れる事がないでしょう。」と述べた。

式典で最も感動的な場面となったのは、3つの特別校で学ぶ予定である視覚および聴覚障害
のある生徒の演技だった。これらの生徒は、歌を歌い、新しい学校を与えてくれたドナーに感謝
を表す手話を発表した。式典後、参加者は校内を見学し、生徒や教師から心からの歓迎を受
けた。

9つの学校のうち、Jihad, Farhanghian, Montazeri, Kafi, Shamsaddiniの一般校はオーストラリア・
ドイツ・オランダ・アイルランド・カナダの各国赤十字社とオーストラリア政府の資金提供により
建設された。

Marefat, Maharathaye Herfeye Peyvand, Eng. Taheri Hanjaniの3つの特別校は、日本・ノルウェ
ー・スウェーデン赤十字社の資金提供により建設された。

Arg-e-Bam複合モデル校の建設には、オーストラリア・アンドラ・カナダ・クロアチア・ドイツ・アイ
ルランド・日本・オランダ・ニュージーランド・ノルウェー・モナコ・ポーランド・スウェーデン・台湾
赤十字社とオーストラリア・アイルランド・スウェーデン政府が資金提供を行った。

国際連盟は、学校のほかにも都市保健センター・道路救助センターを中国赤十字社香港支部、
ベルギー・ノルウェー赤十字社、マレーシア・カタール赤新月社の資金提供により建設した。

情報源:国際赤十字赤新月社連盟
原文URL: reliefweb.int
*著作権は情報源に帰属します
タグ:地震
posted by CODE at 15:27| 中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。